初めて塾に通ったのは、中学3年生の頃でした。

塾・予備校に初めて行った時の思い出
塾・予備校に初めて行った時の思い出

初めて塾に通ったのは、中学3年生の頃でした

初めて塾に通ったのは、中学3年生の頃でした。

周りに比べ塾に行き始めるのが遅かったのと、授業についていけるかどうかという心配で、とにかく不安だらけだったのを覚えています。私は、敢えて友達が通っていない塾を選びました。
とにかく勉強に集中するため、そして知らないライバルに囲まれて刺激を受けるためです。

しかし、通い始めの頃はそれが裏目に出て、自分以外の全員が優秀に見えてしまいました。
「本当に自分は希望の高校に行けるのか?」と自信を無くし、塾に行くのも憂鬱でした。

しかし、少しずつ環境にも慣れ、他校の友達が出来始めると、ライバル同士切磋琢磨して勉強する楽しさを感じられた気がします。
中学や志望校が違っても、時には一緒に息抜き出来る新しい友達ができました。
結果的に、同じ学校の友達がいない塾で良かったと思います。その後、無事希望していた高校に入れたのですが、奇跡的に塾で知り合った友達と同じクラスになり、感激したのを今でも思い出します。